埼玉スタジアム2002

埼玉スタジアム2002は、埼玉県さいたま市緑区の埼玉スタジアム2002公園内にあるサッカー専用の競技スタジアムである。

2002 FIFAワールドカップを日本で開催する為に作られたサッカースタジアムの一つである。1998年5月9日に起工し、2001年10月6日において竣工した。日本国内の球技専用競技場としては最大となる63,700人を収容できるスタジアムである。日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)、2002 FIFAワールドカップなどでも使用されている。Jリーグ最多記録となったのは2001年10月13日のJ1リーグ戦・浦和レッズvs横浜F・マリノスで、当時の観客が60,553人に至った。

埼玉スタジアムは環境保護の理念を叶っていた。太陽光発電設備も整っている。また、スタジアムの中で貯水槽を建てて、屋根に降った雨水は貯水槽に溜め、トイレの洗浄用として利用されている。それに、災害時には3000人が1ヶ月避難可能な浄水として利用できる。大災害の発生など、万一の避難時のときにも6万人が13分間で避難できる計画が策定され、スタジアムの倉庫に浄水器、食料や毛布類、生活用品を用意された。さらに周りの交通にも便利で、埼玉高速鉄道線(埼玉スタジアム線)・浦和美園駅徒歩18分さえあればいい。

【jleague uniform】サッカーショップ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です