注目選手 香川真司

 

香川 真司は1989年3月17日に日本の兵庫県神戸市垂水区で生まれたプロサッカー選手である。現在、ボルシア・ドルトムントに所属した。日本代表。ポジションはミッドフィールダー(MF)、フォワード(FW)。利き足は右足である。

 

2008年に平成生まれの選手として初めて日本代表に選出され、その後、国際Aマッチ、キリンチャレンジカップ、ワールドカップなどの試合に出場した。J2得点王 (2009年)、ESM欧州年間ベストイレブン(2011-12)、AFC年間アジア国際最優秀選手賞(2012)、色んな大賞を輝いた。彼は素晴らしい選手だ。香川真司は攻撃面での高い技術およびセンスを備えたセカンドストライカーないしトップ下であり、ボールのコントロール能力、敏捷性、カットイン時のオフ・ザ・ボールの動き、視野の広さ等は高い評価を得ている。

 

日本代表 2016 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ #10番 香川真司

【価格】4500

・サッカー日本代表ホームユニフォームはレプリカのため、余裕のあるシルエットを採用しています。
・アディダス・サッカー日本代表ユニフォーム史上、最も濃い青を用いたボディーの前面に、11人の選手の個性を表す、11本の異なる青で構成されたボーダーを配している。
・また、中央の赤のラインは12本目のライン、すなわち12人目のプレーヤーであるサポーターを表している。
・襟裏には、2018FIFAワールドカップロシアに導く先導者の象徴として、三本足の烏の羽をプリント。
・高い通気性を備えた「ハイパーベンチレーションメッシュ」を背面全体に採用。
・襟付きのユニフォームをモチーフにした伸縮性に優れたリブ仕様。
・日本国旗は織りワッペン縫い付け。
・メーカーロゴはプリント。
・協会エンブレムは樹脂ワッペン縫い付け。

 

日本代表 2017 ユニフォーム ホーム 半袖 レプリカ # 10番 香川真司

【価格】6500

【特徴】
・袖にあしらったアイコニックな炎のデザインと襟元のジャパンレッドのデザインは、サッカー日本代表の情熱と世界の舞台で躍動する姿を表しております。
・胴体脇には、アディダスの象徴的デザインのスリーストライプスをプリントし、現代のリニューアルを遂げました。
・メーカーロゴは刺繍です。
・エンブレムは織りワッペン縫い付けます。
・クルーネックデザインを採用します。
・素材には吸汗速乾性に優れた素材を使用します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です